一般的に、器質的変化を伴う疾患よりも、機能的疾患のほうが治り易いと考えています。

 

期待できる疾患は、

 

運動器系疾患: 関節炎、リウマチ、頚肩腕症候群、五十肩、腱鞘炎、腰痛、外傷(骨折、打撲、

       むちうち、捻挫)の後遺症

 

神経系疾患  :神経痛、自律神経失調症、頭痛、めまい、神経症、ノイローゼ、ヒステリー

 

消化器系疾患 :胃腸病(胃炎、消化不良、胃下垂、胃酸過多、下痢、便秘) 、胆嚢炎、肝機能障害、  

 

呼吸器疾患  :気管支炎、喘息、風邪および予防

 

循環器系疾患 :心臓神経症、高血圧低血圧症、動悸、息切れ

 

代謝内分泌系疾患 :泌尿器系疾患、性機能障害

 

婦人科疾患 :更年期障害、乳腺炎、生理痛、月経不順、冷え性、不妊

 

眼科疾患 :眼精疲労、仮性近視、疲れ目、かすみ目

 

耳鼻咽喉科疾患  :耳鳴、難聴、メニエル氏病、鼻出血、鼻炎、蓄膿(ちくのう)、咽喉頭炎、扁桃炎

 

これらの疾患でも、生活習慣・環境や個人差などによって効果に差があります。

 

鍼灸施術の保険適応について

 鍼灸の保険適応には、以下の条件を満たす場合に適応可能です。

  ・被保険者である事(健康保険の加入者である事)または生活保護受給者である事

   (生活保護の方は、生活保護法指定の鍼灸院でなければ、受診できません。)

  ・慢性疾患であり、次の疾患名に該当する。

    ①神経痛 ②頚腕症候群 ③五十肩 ④ 頸椎捻挫後遺症 ⑤リウマチ ⑥変形性膝関節症

    但し、保険者によっては変形性膝関節症は認められない場合もあります。

    詳しくは、保険者又は当院へご相談下さい。

  ・医師の同意書を得る。

    鍼灸施術の同意書は、医師による治療が困難と判断された場合に、医師によって発行されます。

    よって、診察科が著しく異なる医師による同意書はお断りしています。

    また、同病名での医療機関の治療は、併給となり鍼灸の保険は適応されません。

    (診察、検査は問題ありません。)

 保険料金については、改正される事がありますので、当院にお尋ね下さい。

 

マッサージのい保険適応について

 マッサージの保険適応には、以下の条件を満たす場合に適応可能です。

  ・被保険者である事(健康保険の加入者である事)または生活保護受給者である事

   生活保護の方は、生活保護法指定のマッサージ施術所でなければ、受診できません。

  ・関節の拘縮または筋拘縮のある方

  ・医師の同意書を得る。

 保険料金については、改正される事がありますので、当院にお尋ね下さい。

 

鍼灸、マッサージ保険施術共に、医師による施術期間が指示なき場合は、3か月ごとに再同意が必要です。