=健康コラム=

今週のトピックス~膝の痛みの予防~

今回は、膝の痛みの予防について記述します。

膝の痛みは、様々な要因によって起こりますが、

予防をする上で大事な事が3つあります。

それは、

①筋力の維持・向上

②日常生活における姿勢

③骨密度の低下を防ぐ

です。

まず、①の筋力についてですが、

骨格筋は、関節を動かすだけでなく、収縮する事で関節にかかる負荷を

軽減しますので、痛みを予防する上で重要な要素となります。

例えば、腹筋、背筋、殿筋、大腿部の前後及び内外側の骨格筋、腸腰筋です。

これらを意識してトレーニングする事は、専門的な知識がないと難しいですが、

姿勢を正し、大腿部を少し意識して挙げ、歩幅も少し大きくして歩く事で

十分かと思います。

また、プールで歩く事も良いです。前歩きだけでなく、

横歩きを少し取り入れても良いでしょう。

但し、少しずつ負荷を増やし、その日の体調に合わせて行って下さい。

この筋力については、体重とも大きく関係します。

筋力が同じでも、体重が増えれば、膝関節にかかる負荷も増加しますので、

体重の管理も必要です。

 

次に②の日常生活における姿勢ですが、

横座りや足を組むなどの行為は、靭帯や関節内の軟部組織に負担を掛け易くなります。

靭帯は、ある程度柔軟性はありますが、損傷すると元に戻りません。

靭帯の損傷の程度によっては、関節の動きが不安定になりますので、

関節内の軟部組織の負担も増え、結果痛みのリスクを増加させます。

 

最後に③の骨密度ですが、

大腿骨の変形を起こし、結果として膝の内側に負担がかかり、

痛みの原因となるケースもあります。